氷雨の週末に鳥と遊んで、、、
2012年12月15日 土曜日 曇のち雨 その一

 昨日は疲れ果てて早寝をしたから、今朝は六時すぎに目が覚めてしまった。
外はまだ暗いが起きてしまってリヴィングへ。
今日の日の出は06時43分だが、きっと今朝は太陽は隠れているだろう。
それでも鳥たちは朝の気配を早くも感じているのだろう、、、、鳴き声と羽音が聞こえてきている。
十数匹の尾のながい大きな鳥が東から西へ飛び去っていった。
何の鳥だろう?
 
 数時間後に今度はヒヨドリや雀がやってきて葉が落ちてしまった木で一休み、、、。
おもちゃのようなカメラでも、こうして1000mで手持ちで鳥を撮ることができるのは
楽しい、、。

a0031363_2215070.jpg

a0031363_2231648.jpg

a0031363_223542.jpg

a0031363_2243171.jpg


 午後になって雨が降り始めた。
冷雨は見ていても寒い。
部屋の中からシデの木に光る水玉を撮ってみたがあまりきれいに出なかった。
やはり<光>がないとダメなのだろう、、、。

a0031363_2251813.jpg

a0031363_22121382.jpg (氷雨の中にも春への息吹が感じられる木々の枝、、、)


 雨上がりを待って美容院へ。
リンスの時にマッサージをしっかりしてくださって
ほっと癒しの一時を過ごすことが出来た。ありがとう!

 最後の選挙演説の声を聞きながら帰宅。
明日の選挙はどうなるのだろうか。



by pretty-bacchus | 2012-12-15 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/16992125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ナナハン at 2012-12-16 23:01 x
良い記事と幹事の溢れる写真に感心しました
Commented by pretty-bacchus at 2012-12-17 02:46
ナナハン さ〜〜〜ん! いつも嬉しいコメントをありがとうごじま〜〜す!

名前
URL
削除用パスワード


<< ☆回想のわが巴里の街 Memo...      二十世紀の巴里への旅を追憶して >>