西南の空にエスカリエデザンジュ(天国への階段)!
2012年11月9日 金曜日 晴れ

 日の出06時10分ですっかり遅くなった。
朝はどんよりしていたのに午後になって強い陽が射してきた。
気持ちのよい晩秋の空気に誘われて外にでることにした。
このところ歩くことが慣れてきたので、今日も陽がある内に出かけよう、、、。
その上新しいオモチャがあるのだから試写を繰り返そう。
 
a0031363_01124.jpg

 裏道から公園をスキップしながら通り、迎賓館の前で少しウオーキング。
大通りに面した公園にはカップルが楽しそうに話し込んでいた。
a0031363_075956.jpg (陰のセルフポートレート)

a0031363_092741.jpg

a0031363_0102774.jpg (pm3:58)

a0031363_0113969.jpg  (刻々と空と雲が変わっていく、、、)

a0031363_0121842.jpg

今日の日の入 は16時39分、
夕陽は雲に隠れて木々の後に沈みゆく寸前、日没時の半時ほど前に空が輝き始めた。
光の光芒が下から上へを広がっていった。
エスカリエデザンジュ!
この光芒を<エスカリエ デ ザンジュ>、エンジェルの階段>天国への階段、と教えてくれたのは、
イタリアのワインの哲学者といわれたエドアルドヴァレンティーニさんだった。
あれはもう十五年も前になるのだ。
(後へ続く、、、)

a0031363_013544.jpg (pm4:06)

a0031363_0174483.jpg

a0031363_019885.jpg
(御所の上に光が拡散して、、、やがて金色に光り出した、、、)

 彼の事をなつなしく思い出しながら、反対側をぐるりと回って家路についた。
途中のカフェで一休み。このお店は数年前までは何十年も続いたトンカツ屋さんだったのに、
今はチェーン店の喫茶店になっていていつも人で一杯。
他のカフェが500〜600円なのに、ここはオープン以来190円だからかもしれない。
オープンの時に店長さんに頼んでWiFiが使えるようにしてもらったのだが、
今では学生がPCを持ち込んで何時間もねばっていて一般人?はほとんど座ることが出来ない。

 入り口右手の席がちょうど空いて久しぶりに着席してブラックを。
レジで買って席に自分でもっていくセルフサービス。

a0031363_0215553.jpg

a0031363_022279.jpg

 WEEKDAYなので、iPadをもってきていたのでメールをチェック。
イタリアから長いメールで、スワイプして読みながら二杯目はカフェラッテ。
光芒で、ヴァレンティーニさんの事をいろいろ思い出していたらイタリアからメールって不思議!
こういう偶然ってよくあるが、きっとこれは必然なのだと目頭が熱くなった。
彼が亡くなってからもう六年にもなるのだ。
人生はほんとうに短いのだ、、、、。

 晩秋の夕刻五時の鐘が鳴り始めた。
手元には新しいカメラSIGMA DP1 Merrill。
取説も読んでいなかったが動画のボタンを押した。
うまくいったのは数十秒だが都心の秋の夕方の人の歩きがおもしろいのでアップしてみよう。






(続く、、、)



by pretty-bacchus | 2012-11-09 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/16780517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by S at 2012-11-12 01:04 x
敬子様
6,7,8,9のお写真、え〜っ? って声を出してしまったほどのお色です。
4枚目も素敵です・・・^^
Commented by k7003 at 2012-11-12 01:45
そのトンカツ屋さん、覚えがあるような、、、。

しか〜し、さすが Kei さん、あの難物を日に日に使いこなしておられますね。(^_^)v
Commented by pretty-bacchus at 2012-11-13 21:49
さくらさん、ありがとうございます。
マックの調子が悪くコメントのお礼が遅くなってごめんなさいね、、、

Commented by pretty-bacchus at 2012-11-13 21:50
NKさん、そうきっとそのトンカツ屋さんですね。

それにしてもこのカメラはまだまだ扱いあぐねているのです、、、。

名前
URL
削除用パスワード


<< 御所上の光芒にエドアルド・ヴァ...      青い空の後のつかの間の夕焼け空 >>