神無月台風一過の十六夜の宵
平成24年10月1日(月)
2012年10月1日 月曜日 晴れ

 台風一過の朝の空気がきれいだった。
今年初めて聞く新し鳥の声、、、何の鳥だろう〜〜?

 午後には暑くなって三十度を超した。
十月に三十度って長い人生のなかであまり経験がないように思う。

 それにしてももう十月、神無月。
一年のたつのはなんともはや早いものだ。
体調が完全では無いからなんとなくどこかであせる気持ちがやまない日々。

 夕方になって美容院によってサッパリしてから少し散歩。
昨日とはうってかわって雲一つ無い空に十六夜が昇ってきて、東の空を見上げながら、土手の花をも追いかけて、、、。

 食事をして途中から友人にジョインして遅くまでおしゃべり。
帰る頃には月かたぶきて、、、、朧月。

a0031363_5432454.jpg

a0031363_5441233.jpg

a0031363_5461042.jpg

a0031363_544592.jpg




by pretty-bacchus | 2012-10-01 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/16497533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by k7003 at 2012-10-03 06:53
4枚とも、記憶に残るとてもいい写真ですね。
こんなこと言うと不遜でしょうけれど、ボクも、同じ状況なら他は全く無視してきっちり同じ4枚を撮っていたことでしょう。
(^^)
Commented by pretty-bacchus at 2012-10-04 00:53
NKさん、とても嬉しいコメントをありがとうございました。
行きも帰りも同じ場所から空を見上げていました。NKさんのような写真はなかなか撮れないですが、いつも拝見していて少しづつ教えられているのですね。
ありがとうございます。

Commented by funny-girly at 2012-10-04 13:34
素晴らしいですね。頑張っていらっしゃおますね。
お写真を拝見すると、元気が解ります。
嬉しいです。
私は相変わらず、
ドコモの写メです。(恥)
Commented by 郁子 at 2012-10-04 16:50 x

夜の曼珠沙華幻想
ー敬子さんのフォトに寄せてー

四谷なる闇にひと叢曼珠沙華

天上に咲くとふ曼珠沙華集ふ

狐花はた死人花(しびとばな)闇ぞよし

降り立ちし妓女らと思ふ曼珠沙華

ほろ酔ひの恋のもつれて曼珠沙華

十六夜に艶を競へり曼珠沙華

手折られず凛と果つるよ曼珠沙華

この恋は天上のもの曼珠沙華

母恋唄亡き乳児(ちご)よよと曼珠沙華

闇の彼方なべてまぼろし曼珠沙華
      



















             
Commented by photobra7 at 2012-10-04 23:18
台風、ご無事でなによりでした。
台風一過の空はいいですよね。
沖縄はあまり差がでませんけど。
いつもきれいなんで・・・・あはw
Commented by pretty-bacchus at 2012-10-05 01:08
funny-girlyさま、ありがとうございます。
最近はドコモもiPhoneも写真機能がとてもよくなっているそうですから、大丈夫です!

Commented by pretty-bacchus at 2012-10-05 03:34
郁子さま
素敵な句を沢山ありがとうございました。
あの写真で瞬時にこのような発想が頭と心をよぎって句になるとはなんて素晴らしいことでしょう。
特に最後の句は驚きです。<闇の彼方なべてまぼろし曼珠沙華>
曼珠沙華を左にみて、遠くはるかに道が続いてぼけてゆく、、、その道は冥土の道のようにも思えたからです。

行く道は冥土道かや曼珠沙華
敬子

Commented by pretty-bacchus at 2012-10-05 03:35
photobra7さん、そちらは台風の被害が大変でしたでしょうね。沖縄のニュースをみているとphotobraさんをおもうようになりました。

名前
URL
削除用パスワード


<< 往く道は冥土行脚か曼珠沙華      台風十七号が西から荒れ狂って北... >>