水無月、緑がきれいな頃となりました
平成24年6月1日(金) 曇り

 水無月ってとっても素敵な呼び名。
まもなくその水の月の定番の梅雨がやってくる。
借景の緑もすっかり初夏の色になって、梧桐の木の瘤もみえなくなってしまった。
葉はもっともっと繁ってきて、十一月に葉が散り始めるまで目を楽しませてくれるだろう。

a0031363_23151348.jpg

a0031363_2316243.jpg

 ここ数日の天気の異変は恐ろしい、、、。
一転にわかにかき曇り、稲妻が光り、雷がごろごろ、、、そしてざ〜〜と雨が降る。
落雷の数もとっても多く被害がでているというのだ。
金環日食で宇宙の動きの不思議さを改めて実感すると、小さな地球の大きな異変が不思議でないように思えてしまう。

 地球温暖化が進むにしろ、地球寒冷化がやってくるにしろ、大きな被害が出ないことを祈ってしまう。
そのまえに梅雨と暑い夏をのりきらなければならないのですね、、、。




by pretty-bacchus | 2012-06-01 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/15475415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bell73221 at 2012-06-03 09:36
天気が定まらないので、心の健康にお気を付けください、太陽が顔を出したら日焼け止めを付けてお外に飛び出そうと思っています^^
Commented by pretty-bacchus at 2012-06-03 22:50
bell73221さん、そうですね、、、私もなるべく外にでようと思っているのですが、なかなかなのです、、、。

名前
URL
削除用パスワード


<< 京野菜のお漬け物とアマンディーヌ      あら今日は何をしていたのかしら? >>