新緑の一雨ごとに彩りて
2012年4月23日 月曜日 雨
 
 経済も政治も事故も何もかも、辛い悲しいニュースが多い中で、今日は嬉しいニュースが続いた。
第一は、<東日本大震災の津波に流されたサッカーボールが、アラスカで発見され、
持ち主の元に戻ることになった>というニュース。
ボールは、太平洋を流れて5000キロ近く離れた海岸まで運ばれて、アラスカ湾のミドルトン島で発見。

日本語が書かれたボールで、見つけたアメリカ人の奥さんが偶然日本人で、日本語が読めたので、
被災地の学校や持ち主の書かれていることが判明したというのだから、それもまた何とも嬉しいではないか!
その持ち主は、あの甚大な津波被害を受けた陸前高田市の少年で、何もかもが流されて無くなったなかで、
枕元に置いてあった記念のボールが、遙か遠くから戻ってきたのだから、どんなにか励まされたことだろう。

 もう一つは国の特別天然記念物トキのニュース。
佐渡島で野生復帰を目指して放鳥したトキのひなが三羽確認されたという。
自然界では36年ぶりのふ化だそうで、なんだかとっても嬉しいな~~!

 借景の緑は、朝と夕では緑の量と色がどんどん変わってきて、一雨ごとにその新緑の彩りをましている。
自然ってほんとうに素晴らしい、、、、。

a0031363_16312566.jpg

(am 9:00)
a0031363_16295948.jpg 


a0031363_1632091.jpg

a0031363_16324937.jpg (午後に、、、)

a0031363_16334522.jpg

a0031363_18454771.jpg





by pretty-bacchus | 2012-04-23 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/15135984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 皇居の緑を愛でながら銀座へロー...      シデの木の芽生えは早い >>