屋根に雪ねぐらに帰る鳥一羽
平成24年1月25日(水) 寒い夜が明けた

 日の出時間の前は零下一度。寒い。
雪の後遺症で東京では事故がいくつも起こっているというので外出をひかえた。
あばらの打撲はまだ痛むし、右手首も不自由なので、これで転んだらどうしようもないだろう。

 日没がかなり遅くなったようで五時をすぎてもまだ明るさが残るようになった。
西の空が焼けてきておもしろい雲がぽっかりぽっかり、、、、
あら鳥が一羽やってきて遠くの枝にとまったみたい、、、何の鳥かしら?
南東の建物が赤く染まり始めた。
屋根の雪は今夜もとけないで明日の朝まで残るのだろう。
明日も道はすべるのだろうな、、、、。

a0031363_3592882.jpg


a0031363_401057.jpg
(望遠一杯で鳥にスポット測光で)

(窓際に置いてあるカメラでカシャカシャ~)
by pretty-bacchus | 2012-01-25 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/14528983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by k7003 at 2012-01-27 05:01
ちょっと重めのギアでのカシャ、心休めております。
こちらは、雪はないものの、体感ではNY北端でも経験したことのない寒気です。
カメラやっててよかったと、逆に。やってなくて、ベッドでぬくもってばかりいたら、、、、ゾッとします。
夜が明けたら、水鳥たち鳥に出ようっと。(^_-)
Commented by galleryF at 2012-01-27 19:54
こんばんは、pbさん。細かい枝をすり抜けて、よくぞ
こんなにちいちゃな鳥にピントが来ましたね〜、凄いです。
う〜んと目を凝らせば、ほっぺが白っぽいので
おそらくですが、ヤマガラじゃないかと思います。
Commented by pretty-bacchus at 2012-01-27 22:32
k7003さん、ありがとうございます。
水鳥のあとには、すぐにカメラ店でらしたのですね。
NEX-7の写真をブログで拝見しています。
いいな〜〜〜! 私は買えませんが、この際古いカメラを処分してから、トライしようかなって思い始めています!!

Commented by pretty-bacchus at 2012-01-28 01:37
galleryFさん、ありがとうございます。
ひとえにカメラとレンズの進化でしょうね! 300ミリで手持ちでこのようにピンが決まるのは、手ぶれ軽減のVRが働いているからでしょうし、すごい時代になりました。
この写真を拡大してみますと、ほっぺに白が沢山ありました。ヤマガラというのですか?こんなに都心にもやってくるのですね。

名前
URL
削除用パスワード


<< 雪踏みて銀座の夜の誕生日      東京にも雪がふりました >>