たちまちの月は雲間にかくれんぼ
2004.12.1

 十七夜の月。丑三つ時に六本木ヒルズをとおりかかった。
先々週からはじまったイリュウミネーションは23時で消えている。

a0031363_3471979.jpg


 立ち並ぶブティックのショーウィンドーがきらびやかに輝いている。
ふ〜〜〜ん最近のモードはこんな風なのか? なんだか25年前の私が住んでいた
頃のパリの頃に似ているな〜〜〜。ミニスカート、黒のコート、、、。
モードは繰り返すというが、なるほど、、、、、。 

a0031363_3484617.jpg

 グランドハイアットホテルの高層ビルが目の前。今夜はどんな人たちがこのホテルで一夜を過ごしているのだろうか?

 見上げると雲間に月が出てきた。趣がある。
酔っているのに車から飛び降りで月を連写、、、、さてさてカメラぶれは大丈夫かな?
 平安の昔から詩に詠まれた月はこんなふうなのかしら、、、、?
変わったのは街並みと人々の波〜〜〜〜〜〜。巨大なビルの谷間を月のウサギはどんなふうにながめているのだろう、、、?

(24〜120のズームはニコンD70では36〜180ミリ。斜めにしてやっと月と東京タワーとビルが入った。広角が早く欲しいな〜〜)
by pretty-bacchus | 2004-12-01 00:28 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/1380968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 新宿の夜      風やんで夕もやに落つ黄葉葉 >>