歯医者さんの前に千鳥ヶ淵の緑のシャワーで癒されて!
2011年5月6日 金曜日 曇り

 あの桜の時と同じ時間帯だ。
歯医者まであと30分ある。
ちゅうちょ無く足は千鳥ヶ淵に向かっていた。

癒しのみどりは、bell73221さんも昨日のブログで
<散歩をしていると、体中に緑の化粧水を浴びているような気分になります>って書いてらしたので、
私も緑のシャワーを浴びたくなったの、、、、、。
http://bell73221.exblog.jp/13528134/
癒しのみどり、、、って!

 靖国神社の鳥居を左に見て、千鳥ヶ淵遊歩道に出た。
あの日は桜さくらだった景色は、今日は緑一色に変わっていた。
まだ三週間とちょっとしかたっていないのに、、、時はいやおうなく移りゆく、、、、。
http://keico.exblog.jp/12417535
2011年4月11日 月曜日 晴のち曇り夜の突然の雨と風
再び千鳥ヶ淵緑道の桜を撮る、、、やがて雨

a0031363_194762.jpg

a0031363_1105469.jpg

上は4月11日
同じ場所は、今は緑いっぱい!
a0031363_179987.jpg


a0031363_17133559.jpg

a0031363_17144884.jpg

a0031363_17191258.jpg

a0031363_17184544.jpg  (向こう岸にはつつじが咲いているみたい、、、、)

a0031363_17194533.jpg  (水辺までぎっしりと緑で、野草があちこちに咲いている、、、)

a0031363_1727071.jpg
 (歩道にはしゃがの花の囲いが処どころにあって、さわやか、、、)

a0031363_17332156.jpg  (どこかららお兄さんがやってきてカシャカシャ、、、)

a0031363_17344874.jpg


a0031363_17352485.jpg  (九段の通りにでる手前に、たった一輪昼顔が微笑んでいました、、、)
(道を渡った靖国神社の塀の先あたりは、昆虫写真家の海野さんの東京事務所があって、
このあたりは時々写していらっしゃいます)
a0031363_17583932.jpg (この区には、町名由来板があちこちにあって、街名や坂の由来がわかってちょっとした歴史散歩ができるのも楽しい、、、)


 歩いている人もちらほらで、太陽もぎらぎらでなくチラホラだから、
できることならこの緑のシャワーのもとでしばらくゆっくりと時をすごしたい。
体の中が緑色になってしまうかしら?
ベンチに座って一呼吸、、、、、、、スナップ写真を数カット撮って歯医者さんへ向かった。

 二月の手術の時に胃の中に落ちてしまった右下の歯の治療がまだ終わっていない。
ちょうど良いと言えば変だが、隣の歯の被せも数日前に取れてしまって一緒に治療をすることになった。
型をとって、最後の治療までは、まだあと数回通わなければならないそう、、、、。
“手術後だから美味しいものを沢山召し上がれるように、、、”っておっしゃって、
先生が何十分もかけて、新素材のプラスチックで仮歯を作ってくださった。
そのお姿とお作品はまるで彫刻家のようだ!
どの世界にも<職人魂>が生きているのって、これってやっぱり日本人だからだ〜〜〜Iって、
嬉しい一時。

 このまま歩いて帰ると40分ほどで、5000歩以上になることは、桜の時期に実証?済み。
その上、途中には昔ながらの小さいお店が沢山あるの、、、。
老人夫婦がしているお豆腐屋さん、魚屋さん、親子でしているお肉やさん&おかずやさん、
そしてフランス仕込みのケーキやさん。
お城(皇居)が近いから、江戸時代にはお城関係の人が住んでいたようで、その名残が残っているようだ。

 いろいろ買いすぎて結局タクシーでワンメーターを乗ってしまって帰宅。
お魚屋さんの鯖の塩焼き、お肉屋さんの肉じゃがとカツレツ、デザートはエクレール。
次の歯医者さんの日が待ち遠しいな、、、、

〜〜〜〜〜
今日の日没は
日の出 04時44分  : 日の入 18時32分
  月の出 06時30分  : 月の入 21時23分
by pretty-bacchus | 2011-05-06 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/12533974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゴミゼロ at 2011-05-07 19:52 x
新緑ほど、命の息吹・生命力を感じるものは無いですね。

私は、入院中に抜け出した根津神社の楠木の新緑に、涙した事、
この季節になると、今でも昨日の事のように思い出します。
Commented by mokonotabibito at 2011-05-07 22:08
へえ、緑緑緑ですね。
私が四月初めに桜の中で撮りまくった場所が、このように濃い緑の中に埋もれているのですね。
いやあ、これもまた良いものです。
この緑の時期があるからこそ、春の花を愛でる季節もまわってくるのですね!
Commented by おばさま@北海道・大沼公園 at 2011-05-08 05:18 x
滴るような新緑、あっという間に色濃くなってしまいますね。
木々から生命力を頂ける気がして新緑の季節は嬉しい季節ですね。
今、当地は大きな木はこれから芽吹きで、ネコヤナギなどの
低い木が緑になっています。
Commented by pretty-bacchus at 2011-05-08 11:44
ゴミゼロさま、おいでいただきありがとうございました。
もうすっかりご回復のようで、なによりですね。
根津神社の楠木に涙! とってもとってもわかります、、、。
御ブログの最近の藤棚も見事ですね!

Commented by pretty-bacchus at 2011-05-08 11:44
mokonotabibitoさん、はいあの周りはもうすっかり緑一色になりました。

Commented by pretty-bacchus at 2011-05-08 11:45
おばさま@北海道・大沼公園さま。
なるほど低い木から緑になっていくのですね、、、。
ブログでは初夏の大沼の青の美しさを毎日拝見しています。
Commented by 郁子 at 2011-05-08 20:18 x
何時も思うのですが、敬子さんの定番散歩道って、とても素敵ですね。自然が豊かで魅力的。
我が家からは、或る所までは電車で行く事になり、わざわざの散歩になりますが、同じコースを一度辿ってみたい思いにかられます。
水のある風景が好き!また敬子さんのそのモティーフのフォトはとりわけ詩情に富んでいて、大好き。
連ねられた本日の花時と葉桜のフォトを見ると、日本美の真髄が伺えます。
つまり日本人の桜への美意識は、花が終った後「葉桜」の季語でも歌うという事。(更には「桜紅葉」の季語さえもあって・・・)
「葉桜」には、散ってしまった花への愛惜の思いと、また一方では瑞々しい緑の命への賛美を込める二種の思いがあります。そして「移ろい」に命の摂理を観ずるのですね。
そんな訳で、素敵な今日のブログに句を寄せてみたくなりました。つたないながら敬子さんへの応援歌です。

移ろひもゆかしと思ふ花は葉に
我もまた移ろふ運命(さだめ)花は葉に

葉桜やいざ生きなんと力受け
Commented by pretty-bacchus at 2011-05-08 23:00
郁子さん、こんばんは、
素敵な句を三つもありがとうございました。日本美の真髄の国に生きられることに感謝です。
少し言葉遊びをしてみました、、、。
<移ろひもゆかしと思ふ花は葉に
>>>来たる花待ち耐えて生きなん

<我もまた移ろふ運命(さだめ)花は葉に
>>>葉にならんとも癒しゆかしく

<葉桜やいざ生きなんと力受け
>>>冬の寒さもじっと耐えゆき

 定番散歩道はいくつかあるのですが、ここへは都バスで三つほど行き、かなり歩くことになりますが、緑と水を愛でながら写真を撮りながら歩くことが出来ます。
郁子さんのお宅からですと、きっとメトロで九段下までいらして、靖国通りを靖国神社を右に見ながら少し坂を登ると、すぐに千鳥ヶ淵遊歩道に着きます。左に曲がり緑のトンネル左側に千鳥ヶ淵の水を愛でながら700メートルほど歩きますと麹町口にでます。
左の方に英国大使館がみえ、半蔵門にいたります。
Commented by 四谷おやじ at 2011-05-12 01:08 x
都心でありながら、本当に緑が濃く、すばらしい散歩みちですね。東京も、もっともっと緑を増やしてほしいですね。これからは日1日と緑が、濃くなりますね。そして暑い暑い夏になるわけですね。
Commented by pretty-bacchus at 2011-05-12 18:14
四谷おやじさん、東京はまだまだ緑が多いともいわれていますね、、、でももっと街中に緑が増えるとよいですね、、、
名前
URL
削除用パスワード


<< ベランダの深紅い薔薇の蕾が膨ら...      きれいな緑の朝は母の誕生日でした >>