風信子ゼピュロスの風そっと避け
2011年3月20日 日曜日 曇り その二

 ベランダの隅におしやられているヒヤシンスがますます花をつけている。
端っこの角っこにおかれていたので、先月の春一番にも倒れなかったようで、楚々として凛として、、、
なんとけなげなのでしょう、、、、花たちよありがとう〜〜〜〜〜〜。
いつもなら、二月下旬に、冬の枯れた鉢や枝をすてて春のベランダの支度をするのだが、
今年は入院騒ぎで、ほったらかしてあるの、、、、可愛そうな植木たち、、、、、、、ごめんなさい。

a0031363_2353490.jpg

a0031363_2361574.jpg


 昨日のブログのコメントで、詩人の郁子さんからいただいた句にお返事をした。
「ひたすらに祈るのみなりヒヤシンス」
<<< 今また咲きて春の光に

「ヒヤシンス窓辺にありて書く手紙」
<<< 春を告げなんゼピュロスの風

 ヒアシンスの名は、ギリシャ神話の美青年ヒュアキントスに由来していて、
医学の神アポロンに嫉妬した西風の神ゼピュロスが風をおこしたら、
ヒュアキントスの額を直撃してしまったの、、、。
懸命の治療の甲斐なくヒュアキントスは大量の血を流して死んでしまったの、、、。
ヒアシンスこの時に流れた大量の血から生まれたとされていて、色が濃いのだとかいろいろあるの、、、。
このエピソードから花言葉は「悲しみを超えた愛」、風信子、飛信子ともいうのですって、、、。

 フィレンツェのウフィッチ美術館のメインの間にある、「愛」がテーマのボッティチェリの『春』
(プリマベーラ)La Primavera の大きな絵の一番右上に描かれているのが、西風の神ゼピュロス。
青い顔をして頬をふくらませ、西風を吹かせて春を運んできたゼフュロスが抱きつこうとしているのは
ニンフのクロリス、ゼフュロスはクロリスに恋してしまって二人は結婚するの、、、、。
クロリスの口元から花があふれ出て、ゼフュロスの手が触れると、フローラという花の女神に変身するの、、、。
クロリスの左隣には、変身し終わった女神フローラ、左側の三人の女性は「三美神」、
左の女神は「愛欲」、中央は「純潔」、右が「美と愛」の女神なのだそう、、、、。
目隠しをしているのがキューピッド、、、、、

中世の寓意画にはとってもむずかしくもおもしろく、アレゴリは何って?
左端に立つメルクリウスは杖をかざして、、、、エトセトラ、、、、。
この絵にもギリシャ神話の神々が登場していてとっても面白いですね〜〜〜。

そしてこの絵には、40種類を超える花が描かれていて、ほとんどが現実にあった花なのだそうです。
フィレンツェ郊外の別荘に秘蔵されていたため、サヴォナローラの災をまぬがれたのです。
歴史っておもしろい!

a0031363_23435554.jpg

(2006年の10月に撮影、、、、
この美術館はフラッシュを使わなければ撮影は許されているのに、誰も撮ってもいる人はいないので、
私もそっとブラインドシャッターで撮ったので、、、曲がってしまって、、、)


 ベランダにも春の息吹はまちがいなくやってきていて、よく見ると薔薇の芽が赤くなっているし、
エニシダの葉も大きくなっている。
放射能騒ぎが静まったらすぐにベランダにでてみなくては、、、、。

a0031363_2373511.jpg

a0031363_2375526.jpg


 借景の木々も春の芽の芽吹きがとっても優しくて、、、、春はまもなくやってくるのね、、、、、、、。

a0031363_2310574.jpg

a0031363_23102966.jpg

a0031363_23105321.jpg

 “少し歩いた方が良いですよ、、、出てらっしゃいませんか、、、、。
Sさんからメールをいただいて、重い腰をあげた。
待ち合わせの場所にいかに多くを歩くかを考えて、軽装ででかけた。
え〜〜〜〜? まだ7時半だいなのに、、、赤坂付近も、青山通りも真っ暗なの! 
足下があぶなくて、、、思わず手を借りたくなる、、、、。
日曜日のこともあるだろうが、こうして皆なが節電に努力しているから、
東電の停電が中止になることが多いのかもしれない。

 十六夜の月が流れの速い雲に隠れたり現れたり、、、、で、風がしっとりとしてきたから、
明日はきっと雨なのでしょう、、、、。
a0031363_231617100.jpg

a0031363_23154999.jpg

by pretty-bacchus | 2011-03-20 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/12304861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かのこ at 2011-03-22 01:32 x
ネオンの消えた暗い街と、棚から商品が消えたお店
これだけですっかり不安になってしまう自分に驚きました
ガソリンが減ってくると、ガソリンスタンドを探してしまう
生活を根本から見直さなければいけないと痛感しています
明日からまた計画停電がはじまります
停電の間は仕事がストップするので対応に追われています
でも、私が元気に頑張ることで、子供たちに笑顔が戻る
その笑顔は必ず誰かを元気にする
それがまた・・・と、バタフライ効果に願いを込める私です
Commented by funnygirl at 2011-03-22 12:14 x
お元気ですか?  お元気ですね。
Commented by 郁子 at 2011-03-22 16:31 x
拙句への素敵な付句を有難うございました。
春の歩みと共に、元の元気をかなり取り戻された敬子さんのブログを拝見する喜びよ!
本日のそのようなあなたに賛美を込めて・・・。
(蛇足ながら2句目の「闊歩」は、この場合「ゆったりと歩く」の意です)

冬木の芽ふくらむ頃や病癒え

街闊歩雲間過ぎゆく春の月  
  
Commented at 2011-03-22 18:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pretty-bacchus at 2011-03-23 01:09
かのこさん、これからの日本が心配ですね、、、。
子供達を指導する貴女に応援をおくります。

Commented by pretty-bacchus at 2011-03-23 01:09
unnygirl さん、いつもありがとうございます。

Commented by pretty-bacchus at 2011-03-23 01:15
郁子さん、すてきな句をありがとうございました。

冬木の芽ふくらむ頃や病癒え
<<<残されし日々祈り生きなん

いろいろ考えることが多いですが、ともかく一日一日を感謝して一生懸命に生きねば、、、と。

Commented by pretty-bacchus at 2011-03-23 01:20
鍵コメントのTさん、ご家族よかったですね。

ウフィッチのいろいろは下記にアップしてありますので、ご覧下さいね。
http://keico.exblog.jp/4516747
<人生は あざなえる縄のごとし、神の贈り物のウフィッチ美術館>

名前
URL
削除用パスワード


<< 桜さんのコンサートとピアノソロライブ      福島原発事故での不幸中の幸いは... >>