借景の白梅香り鳥の来て
2011年3月2日 水曜日 手術十日目 晴たり曇ったり

 おばさま@北海道・大沼公園 こと、ゆうこさんから手作りのジャムと甘露煮がついた。
秋にプルーン畑に行って木から収穫したプルーンで作った自家製なのだそうで、とっても嬉しい。
さわやかな味わいと深い味わいは気持ちも一杯はいっているので、お味はさらに美味しい!

 “甘露煮はヨーグルトのお供にして下さい。
煮沸して真空パックで保存料は入っていません。術後の養生を充分なさって下さいませ、
と丁寧なお手紙とともに、、、、。
ありがとうございました。

 退院して初めてベランダに出てみた。
借景の左の大きな木の芽はもう少しだけピンク色で春の兆し!
そして、コノテガシワをかき分けて除いた裏の庭には、梅の花が最後の姿を見せてくれました、、、、、。
時は動いていたのです、、、、、、、

a0031363_15292269.jpg

a0031363_15304092.jpg


 寒さがぶり返していても、春はすぐそこ、、、、。
夕方には、いつものソファーで横着撮影でヒヨドリを撮るることができました。

 術後は、月の満ち欠けが一周するまで、一進一退なのかもしれません、、、
体の調子にあわせて、ゆっくりと春の訪れを待っているこの日に感謝です!

a0031363_15295463.jpg

a0031363_15311115.jpg

by pretty-bacchus | 2011-03-02 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/12213212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 雛祭りはジョブズ氏の日、アッ...      手術あと春の訪れ足踏みし >>