雨風に 耐えて咲く花 かぐわしき
2004年 10月 18日 月曜日 午後10時
  台風に残った金木犀は、淡い香りを残していた。
 四谷見附の橋のたもとにいつのまにか大きく繁った金木犀の木々は、
道行く人を愉しませてくれていた。
 協会の鐘がなって、、、。
a0031363_3185731.jpg

by pretty-bacchus | 2004-10-18 22:06 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/1193080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 西の果てうす桃色の秋の雲      居ながらに 秋の富士見る 時代なり >>