朝の緑に<しむらの色>のせつなの緑をみて
2010年11月11日 木曜日 晴れ

 なんともキレイな朝だった。
遅い朝の光に輝いている緑は美しかった。
秋の色を少しおびて、まもなく終わる葉の命の前には、ああして一瞬の若緑となって輝くのだろうか!
葉がまだ残った木々の緑の間から遠くの真っ青な空。
白いビルがきらきらと光って、朝があけていくんだ〜〜っていう感じ、、、、。

日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 06時12分  : 日の入 16時38分
  月の出 10時48分  : 月の入 21時04分

a0031363_23343868.jpg

a0031363_4345657.jpg


 腰をいためてから、ますます出不精になってしまった。
レイジーケイコはますますレイジーダックになってしまいそう、、、、
マックに向かい数時間で立とうと思うのだが、ついつい続けてしまう、、、、
少し眼前脇の光の変化を感じると、右前方の借景の木々に目をやる。
あ、、、、エンジェルが笛を吹き始めた、、、すわ〜〜カメラ。
あ〜〜〜ヒヨドリがやってきて、夕陽と合唱をし始めた〜〜〜〜〜〜〜〜
16時ジャスト。
借景の木々が騒がしくなってヒヨドリがいくつもやってきている。

a0031363_23362886.jpg

a0031363_23365374.jpg

a0031363_2338252.jpg (こっちを向いてピ〜〜ピ〜〜〜)

a0031363_23373662.jpg  (あっちを向いてピ〜〜ピ〜〜〜


 夕陽の沈みはゆくのはなんとも早く、エンジェルは光から消えてしまった、、、、
ほんの数分の、室内のエンジェルととガラス戸越しの光と鳥の、、、ページェント。
一瞬あの<しむらの色>の緑が走った。木々の緑ではない、染められた色と色との、
一瞬の融合で生まれる、あの緑。
ゲーテの色彩論理論の<色>を、志村ふくみの長年の実践と体験で生み出した、あの緑!
決して単体の植物からは生まれないという緑は、何年もいとおしんだ藍の玉が満月の夜に華ひらいての
あの藍からの糸をもとに、くちなしなどから生まれた黄色の高貴な色をもとにして、
光の色の黄の一瞬の光を経て、永遠の緑に生まれ変わるあの瞬間!
光に近い色である黄色は生気の色、それが闇に近い色である青と混じりて緑になる、その瞬間の至上の色!
一体では決してこの世に、色として生まれない緑は、闇と光の結合!

嵯峨の厳冬の工房でのあの藍窯が都心にあるはずはなく、ただ去りゆく晩秋の一瞬に、
私の心のなかの幻想で生まれた私の家のリヴィングルームからの借景の一瞬、、、、。
(しむらの色、の展覧会の写真の整理が終わっていなくて常に頭にあったので、幻をみたのかもしれない、)


a0031363_23445336.jpg (DVDの一部、嵯峨の都機工房の藍甕から出たばかりの緑の一瞬)

a0031363_23455886.jpg


 この緑がやがて橙色になり赤をおびて散りゆき、色彩環のかなたへ消える、、、
そしてこんなふうに、やがていつもの冬がやってくる、、、、、。
この自然のプロセスを享受できる四季のある日本に生まれたことへ感謝の気持ちがふつふつと湧いてくる。
そのおののきを<妙なる作品>としてこの世に残せるのは先生方、
凡人の私はせめてそれをじっくりと感じて心をふるわせよう、、、、。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

浜松市立美術館にて、
しむらの色ー志村ふくみ、洋子 染と織の世界ー

a0031363_23484080.jpg 
 (ゲーテの色彩論を、色彩環として帯状に、
出発は緑、緑が真ん中=至上の、両端を赤にして、
一つは緑から黄色からだいだいを経て赤へのグラデーション
もう一つは緑から赤へいくへのグラデーション、ブルーから紫を経て赤になる)<<洋子さんの説明から


a0031363_23482311.jpg 
黄色い振り袖
黄色はどこかで紫を呼ぶ、藤の振り袖
すずしのタピスリー



a0031363_23493022.jpg  (嵯峨雄の工房から、機が持ち込まれた)

a0031363_2350599.jpg

a0031363_23504097.jpg


http://keico.exblog.jp/11496448
秋の雨ゲーテの色の光あり 2010年10月28日 しむらの色、、、続き


http://keico.exblog.jp/11494824/ゲーテの闇と光の色彩環=志村ふくみ展にて


http://keico.exblog.jp/11470913十月二十一日から二十三日まで
by pretty-bacchus | 2010-11-11 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/11558945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pretty-bacchus at 2010-11-14 02:06
婆美以 さん、婆美以さん、こんばんは。
そうでしたか、やはりあの<しむらの色>には圧倒されましたか!
ほんとにそうなのです、、、とっても近い処におった私ですのに、そのひとかけらも出来なかったのだろうかと、後悔先に立たずなのです。

あの機で1センチも織られたのですか、、、素晴らしいです!
そうなのです、あの音と共になのです。
自然から命をいただいて、それを芸術まで高められたことの凄さと純粋さが、あの86歳の先生を、あれほどまでに美しくしているのでしょうね。

私も来週もう一度いってみようと思っています。

Commented at 2010-11-16 12:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pretty-bacchus at 2010-11-18 02:31
鍵コメントのAさん、わかりました。

名前
URL
削除用パスワード


<< 書き終えし手紙の束や秋深し      ヌーヴォーの友への便り熟成し >>