雨に濡れ咲ききれず落ち彼岸花>>雨に濡れ咲かで終わりぬ彼岸花
2010年9月23日 木曜日 秋分の日 雨

 昨日は十五夜だったのに、夕方から雲がでて、その顔をみることは出来なかった。
今日の十六夜もダメ、、、、
なんだか急に涼しくなってきて、一日陽の光をみないと、あんなに暑かった太陽がんがんの日々が
なつかしくすらなるのだから、勝手なものだ、、、、

今年の暑さで何もかもの生態が狂ってきていて、
市ヶ谷の崖の彼岸花も雨に濡れてひっそりと蕾のままでお彼岸を迎えていた。
土手のむきげも、白い花は開いているのに、ピンクの方は咲かずに萎れ始めている、、、、、
ということは、この夏は赤系の色素がある花は弱かったのかしら?
そういえば、ベランダの朝顔もピンクの方はあまり花をつけなかったような、、、

a0031363_3115686.jpg

a0031363_23272131.jpg


 横着をして今夜はサルヴァトーレからマルゲリータピッザを取って夕食にした。
オードブルは、つる〜り豆腐と野菜一杯のサラダ、
このピッザは、数年前に八重子さんのお宅でご馳走になって以来、時々家でも取っているが、
これがなかなか美味しいのだ。
それに感心するのは、出前で来たときにはいつもカタログをおいていってくれて、
毎回新しい試みがなされている。
あるときは食材のトマトの話だったり、モッツアレーラが新しくなって値段が下がったりだったり、と、
それなら食べてみようかな、、、って思わせてしまう。

今日はネットで見たら、円高還元の値下げが大一面で、なんとなく特をしたような気になってしまう、、、
このマーケッティング&販促ってすごいと思う。

 横着夕食でも、ワインはシャトー・ドゥ・ティルガンの2005年の赤。
ワインマジックで心豊かな夕食になってくれた。

a0031363_23241798.jpg

by pretty-bacchus | 2010-09-23 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/11333637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2010-09-26 06:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 四谷おやじ at 2010-09-26 11:15 x
夕食のピザおいしそうですね。本当にたまにはいいですね。しかしカロリーが心配です。まあいいか、たまには。ワインいいですね。
Commented by bet365 at 2010-09-26 16:41 x
Great posting, I favorited your blog post, Thanks
Commented by 郁子 at 2010-09-26 20:00 x
最後の猛暑日であった22日の今年の仲秋の名月は、暮れなずむ空に早々と上ってきました。遠出した先のカフェの大きなカラス越しでしたが、それは瑞々しい面差しの、まるで水から上がったばかりのような、水色をした名月を見る事が出来ました。
あたりが暗くなるにつれて、光を少しずつ放ってきましたが、間もなく電車に乗ったのでそこまで。
帰宅してから深夜に至るまで、敬子さんの記事のように空は雲に覆われて、姿をみることはできなかったのです。
月が姿を見せなくても、古人は名月を偲んで、「無月」「雨月」などの季語で句を詠み風流を楽しみました。
「十六夜」もおっしゃる通り雨でしたね。「十五夜」より「いざよい」は言葉の響きと雰囲気に魅了され、何となく恋、それも遂げられない心を詠みたくなります。
ついでに、一月遅れの9月13日(旧暦)の月を「十三夜」「後の月」といって、これまた古くから詠まれてきた季語です。少し欠けた月を愛でるところに、日本人の美意識がしのばれます。
Commented by 郁子 at 2010-09-26 20:36 x
上で月談義をしたので、タイトル句は欄を改めて。
敬子さん、句を書き換えましたね。メモしてなかったのでうろ覚えですが「雨に濡れ咲きれず落ち彼岸花」だったのでは?中7の「咲き」の「き」の送り仮名が落ちていたのは、訂正句では直っていますが。
それは兎も角、上5は初発の方がいいですよ。現実はお墓の近くであったとしても、季語とあまりに近いし、くどいのです。
私としては、中7のみ添削する予定でいました。「咲ききれず~」の語法は俗語調でいただけませんから。
「~ないで」「~ずに」を表わす言葉に「で」という接続助詞があります。これは「~ずて」「~ずして」のつづまったもので、もともとは勿論古語です。
しかし、とても便利なので、俳句や短歌では今日でも使われます。リスムがすっきりするのです。
それと中7が連用形なのはまずい。また「落ち」とまではっきり言わない方がいい。初発の句で添削します。とてもよくなりますよ。

雨に濡れ咲かで終わりぬ彼岸花
Commented by pretty-bacchus at 2010-09-27 04:53
鍵コメントのMさん。
了解しました。

Commented by pretty-bacchus at 2010-09-27 04:54
四谷おやじさん、そうですね、、、カロリーが心配ですが、赤ワインのポリフェノール効果を期待しましょう、、、、、
Commented by pretty-bacchus at 2010-09-27 05:08

郁子さま、中秋の名月を愛でられたとはなんと羨ましいことでしょう!
それも水色の月! 夕方から昇りましたから、大きな月だったのでしょうね。

<「で」という接続助詞> そうでしたね、「~ないで」
まるで雰囲気の違ういい句になりましたね。
ありがとうございました。

名前
URL
削除用パスワード


<< 猫じゃらし揺れて遊ぶは狐花 >...      あとわずかあと一日と秋を待ち >>