緑揺れ朝顔和して雨の午後 >>木々が揺れ朝顔和して雨の午後
2010年6月19日 土曜日 雨のち曇り晴れ

 朝は朝顔が気になる頃となってしまった。

日の出 04時25分  : 日の入 19時00分
  月の出 11時44分  : 月の入 23時36分
あまり寝てないのに、この日の出が時間が気になってしまう、、、、
今度家を変わることがあったら、ベランダの朝顔がみえる場所を寝室にしようかな、、、って思ってしまう。

 雨があがったばかりのようで、まだベランダの鉄柵に雨だれが下がっている。
天国の蒼の朝顔はほんとうに澄んだきれいなアオ!

 左の方では金のなる木に天国の蒼の朝顔が揺れていた。
なんだかたのしくなる景色!
金のなる木に蔓をあずけた「天国の蒼」、、、でもだんだかちょっとおかしいな、、、
今朝は、朝顔は全部で11も咲いている。

借景の緑もそよいで光り輝いて、、、、きっとこの朝顔とお話ししているのだわ、、、
植物同志ってお話しができるのですよね〜〜〜

 土曜日なのに、予定が入って夕方から外出。
なんとカメラを忘れて出かけてしまって、おぼろ月の上弦の月のシャッターチャンスを逃してしまった。

a0031363_16261413.jpg

a0031363_16264625.jpg

a0031363_16271350.jpg

a0031363_162887.jpg

a0031363_16324715.jpg  (今年のスカーレットオハラはとても小さい)

by pretty-bacchus | 2010-06-19 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/10841948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2010-06-21 04:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pretty-bacchus at 2010-06-21 10:41
鍵コメントのNさん、お早うございます。
今頃は撮影にでかけていらっしゃるのでしょうね。
植物同志がお話しをするショットを楽しみにしていますよ!

Commented by 郁子 at 2010-06-21 12:18 x
敬子さん、天上の蒼が今日は天国の蒼になってますよ。先日の「天にても朝顔あらんや~」の句や、朝顔を介して天国の父上を偲ぶ句を詠まれた事が、潜在意識としてずっと心に残っていたからかもしれませんね。
先日「朝顔やヒマラヤ芥子の蒼に似て」と、添削しましたが、それは敬子さんの一文を踏まえての事でしたが、実は私は蒼いヒマラヤ芥子を奇跡的に見たことがあったので、上記の添削が可能だったのです。
平地でヒマラヤの蒼い芥子を見る事は先ず不可能らしいのですが、私はエジンバラか、その近郊で、旅の途中に一本だけ咲いていたそれを見たのでした。
透き通るような美しさの、本当にこの天上の蒼そっくりの色をしていて、感動と共に強く脳裏に焼きついたのでした。その体験があって、惑うことなくあの添削が出来ました。
薔薇も蒼い薔薇だけは作れない(今も実験は続いていますが)が、伝説になっていますけれど、敬子さんがこの天上の蒼に魅せられる気持がよく分かります。
ただ、天上と天国とでは言葉のイメージ・ニュアンスが違うので、やはり天上の蒼で行きたいですね。
Commented by 郁子 at 2010-06-21 12:35 x
今日のタイトル句、これでも悪くはないのですが、厳密に言うと、「緑」は夏の季語、そして「朝顔」は秋の季語でしたね。
実際、上5の「緑揺れ」は緑のインパクトがかなり強く、中7の「朝顔和して」は、やや従的な感じがします。
そこで、上5を「木々が揺れ」とすれば、朝顔の季語としてのイメージが主役として感じられてきます。
ちょっとした事ですが、俳句では一語で世界が変わるのです。
Commented by pretty-bacchus at 2010-06-21 18:59
郁子さま、父の日のこの朝顔は感動でした。
天国の蒼はタイプミスでした、、、、

ほんとにヒマラヤの青い芥子のような色で透き通り方もよく似ていますね。
郁子さんはエジンバラでご覧になったのですか、、、それは珍しいことですね。

実は私も、ヒマラヤの青い芥子を二度ほど見たことがあります。
最初に見たのは、2000年の淡路の花博のドームの中でした。
たしかデジカメを使い始めたときで記録が残っていると思いますので、探してブログにアップしましょうね、、、、

Commented by pretty-bacchus at 2010-06-21 19:01
郁子さん、いつもありがとうございます。
なるほど季が二つになってしまいましたね、、、
「木々が揺れ」のほうがずっとイメージが大きくなりますね、
ひとつひとつ勉強になります。ありがとうございます。

Commented by dukesaloon at 2010-06-22 19:16
keiさんとのキッカケになってくれたベランダの朝顔がまた沢山咲いてくれてますね。凄く嬉しいです。
Commented by pretty-bacchus at 2010-06-22 20:35
dukesaloonさん、いただいたあの妙薬はちゃんと鉢の側に少しずつおきましたのです!
ありがとうございました。

Commented by 四谷おやじ at 2010-06-25 01:46 x
昔、朝顔なんてとおもつていましたが、ほんとうに綺麗なものですね。見直してしまいました。毎日毎日よく咲くものですね。びくりです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 父の日に天に向かって「天上の蒼」      朝顔やひと夏の恋なつかしき ... >>