>連翹を土手より手折る雨の夕
2010年3月1日 月曜日 晴れのち曇り 

 早や弥生三月、、、、また冬が戻ってきそうな感じだ。
午後になってベランダの配置換えをした。
家で仕事をするようになって、息抜きは借景の鳥とベランダの花とのお話し、、、。
事務所にいて大通りの騒音があがってくるより、とってもストレスが少なくなったような気がする。

 <バンクーバー五輪>が終わった。
閉会式では、フィギュアスケート女子で銀メダルの浅田真央ちゃんが閉会式の日本選手団の旗手を務めた。
日本選手団の橋本聖子団長は旗手について「大会で最も活躍した選手にしたい」と語っていたという。
なんと粋な計らいだろう!
もちろん選ばれてオリンピックに参加した選手全員が一生懸命に戦ったのだろうが、
日本中を湧かせてくれた若者達の中で、真央ちゃんの銀メダルと試合直後の涙と、その後の笑顔は
ピカイチだった。
暗いニュースが多い今の日本をわくわく感で湧かせてくれた。
次のソチでのオリンピックまで、いやもっと先まで、若者達がになっていく日本への夢を綱いてくれたのだ。
ありがとう!

a0031363_15102369.jpg (借景の木からベランダのコノテガシワの枝に雀さんがやってきました、、、)

a0031363_15105176.jpg  (チュチュチュチュ、、、、)

a0031363_15111333.jpg

a0031363_15114078.jpg  (あら今度はメジロかしら? 鶯かしら? 仲良く二羽がやってきました)

a0031363_15121594.jpg

a0031363_15263684.jpg
  (ソファーに座ったまま黄色いろい花が見えるようにベランダの配置換えをした)

a0031363_15135828.jpg

a0031363_15144989.jpg  (あらら、、雀がチュをしている、、、、すぐに撮ったらエニシダにピンがあって、雀はピンぼけでしたね、、、)

a0031363_15283756.jpg  (雀の学校の先生は?  )

a0031363_1529318.jpg
 (木々の新芽も色づいてきた、、、)
a0031363_15404589.jpg  (かなりトリミングしてみた、、、)


 夕方出かけて、少し歩いての帰りに雨がひどくなった。
透き通った白い傘をさしてとぼとぼと家路についた。

土手の連翹が雨にぬれて頭を下げていたので、花盗人をきめこんだのだが、
家に着いたとたんに散ってしまった。
冷たい雨の夜になった。

a0031363_15411032.jpg  (可愛いそうなので、近くにあった器で、水に浮かべてカシャッ)









連翹を盗みて帰る傘さして >>連翹を土手より手折る雨の夕
by pretty-bacchus | 2010-03-01 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/10091129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 郁子 at 2010-03-02 17:54 x
何時も聞きたいと思いつつも、そのままになっていましたが、今日のフォトで確信(!)がもてたので、お尋ねしますね。
敬子さんとこのベランダはやっぱり鳩除けネットが張られていますよね?カーテン越しのフォトの時もありますが、ベランダのレンガ側に極細ネットが、今日は特に見える気がするのです。
始めの中はよく分からず、あんなに植物が多くて鳩は来ないのかしらと思ったものです。鳩は平和の象徴なんていうけど、生活圏には糞害など厄介な問題鳥で、私のM・ベランダもしっかりとネットが張ってあるのです。
見た目にはない方がいいけれど、それでは落ち着いて住めないですものね。
さて、2~3時間前にちょっと訪問した折と、タイトル句が変わっていてびっくりしました。それについては言わぬが花でしょうが、ユーモアの効いたとてもいい句になっていたので、推敲なさたんだと、感心したのです。
すぐに散ってしまった連翹への思いやりも敬子さんらしくて、嬉しいひとこまでした。
Commented by 郁子 at 2010-03-02 23:52 x
<追伸> 大分夜も更け、寝る前に簡単に日記をつけるのですが、昼間書いた上のコメントのことが思い出され、やはり追伸を書いた方がいいような気がしてまいりました。
外でもないタイトル句の件です。確かにユーモアで詠まれ、本文を見ると十分納得の行くことなんですが、やはり、言葉が少しきつ過ぎるかな、と思ったのです。
そこで、表現を変えて詠んでみようと、試みたのが以下の2句です。でもこの方が特にいいという訳ではありません。ただ「盗みて」を避けたかったのです。花盗人に罪はない、とはいうものの、言葉のインパクトが強すぎるのではと・・・。

連翹を土手より失敬傘さして

連翹を土手より手折る雨の夕 
Commented by pretty-bacchus at 2010-03-03 00:08
郁子さん、こんばんは。

まあ、直した前にもうご覧になったのですねえ、、、ただ575をならべた俳句もどきで楽しんでいたときよりも、今は少しだけ考えて推敲するようになりました。
これも郁子さんのおかげです。ありがとうございます

ベランダは鳩除けネットが張られていないのです。
カーテン越しのフォトの時もありますが、それ以外は、実はガラス(縦も横も大きな枠無しガラスなのですが、細い縦線が入っています)極細ネットと見える気がするのは、きっとガラスが汚れているときは曇ってみえたり、レンズの絞りによって、あるいはノイズの出方でそうみえるのかもしれません。

不思議に、この借景にはあまり鳩はこないのです。カラスは時々やってきますが、、
これは我が家だけではないようで、昨年の工事の時にも話題にもなりませんでした。

Commented by pretty-bacchus at 2010-03-03 00:32
郁子様
追伸をありがとうございました。実は私も「盗みて」を、気になっておりましたのです、、、
連翹を土手より手折る雨の夕>をいただきましょうね、、、
ありがとうございました。
Commented by 婆美以 at 2010-03-03 01:53 x
本日のタイトルの変遷、、最初から拝見、、と、郁子様のコメント、pretty-bacchusさまの推敲の御苦心、、本当に興味深く、読ませて頂きました。まさに「電子句会」に参加した感~!
俳句では、言葉が、難しい漢語でもないのに、並べ方で組み合わせ方でこんなにも変わる、極限の音(文字?)数…僅かに17音で伝える難しさ、自分の心に弓を射る思いで17音に凝縮する…、う~~ん、深みに嵌まりもがきます~!
pretty-bacchusさまのように感性で掴めない私は、如何にしてグサッと射止められるか♪…と頭勝ちに推敲ばかり、、、読み返すほどに駄作に思えるとは、まだまだ勉強が足りません。けれど、この苦闘は心地よいです。

いつも風を捉えている様なpretty-bacchusさまの画像は大好きです。
Commented by 四谷おやじ at 2010-03-03 09:38 x
ベランダの花が、また増えてきましたね。きれいですね。雀もうれしそうですね。
Commented by pretty-bacchus at 2010-03-06 15:45
婆美以さん、こんにちは。俳句はほんとに日本語の究極なのかもしれないと思います。
父の勧めで小学校の頃から毎日詠んでいれば良かったと今更ながらに思っています。
郁子さんにこうして見ていただくようになってからとっても俳句が愉しくなっています。
婆美以さんも時にはコメントでアップしてみてくださいませんか、、、。
写真ももう少し歩いて撮っていきますね、、、
いつも応援のコメントをいただき感謝しています。

Commented by pretty-bacchus at 2010-03-06 15:46
四谷おやじさん、都心の一角では、このベランダでもとても癒しの空間になっています。
いつもみていただいてありがとうございます。

名前
URL
削除用パスワード


<< 春愁いカーテン揺れて×××××      ベランダの花あざやかに菜種梅雨 >>