ひよどりは花喰い鳥か春の午後
2010年2月22日 月曜日 晴れ

 午後,日のある内に一時帰宅。
あらら、、、ヒヨドリさんがベランダの柵で遊んでいる。
そ〜とカメラを構えてガラスのそばに近ずいた。
あ〜〜鉢に入ったり、、、え〜〜エニシダの花をつまんでいる、、、ダメですよ、ひよどりさん、、
敏感な鳥もさすがに部屋の中からのシャッター音は聞こえないようで、カシャカシャ、、、

a0031363_17233313.jpg
(夕日が輝きだした頃、、、手前の黄色いエニシダがどうして後方の色になっているのだろう?)

a0031363_17213411.jpg (あらこっちを気がついたのかしら、、、?)


a0031363_17265199.jpg  (キョロキョロと、、まわりを確認して、、、、)

a0031363_17273545.jpg

a0031363_17285462.jpg  (下のお花に見入ったと思ったら、、、、)

a0031363_17294976.jpg
 (突然に花に噛みついて、、、一花つまんで食べ始めました、、、)

a0031363_17235652.jpg
  (右のほうに移っていって、今度はパンジーを狙うのかしら、、、、ダメダメ、、と家の中で声を出しても聞こえませんよね、、、)
a0031363_1724266.jpg  (あ〜〜じっと見て狙っている〜〜〜)


 夕食は、大きなほうぼうの塩焼きと珍しい白のピノグリッジョでいただいた。
デザートは坂本屋さんの桜餅、、、。

a0031363_17304585.jpg

a0031363_1731855.jpg

a0031363_18135149.jpg

by pretty-bacchus | 2010-02-22 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/10035195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 郁子 at 2010-02-23 19:37 x
タイトル句とても面白いのですが、先日申し上げたように白頭翁はムクドリのことなので、ヒヨドリとはっきり分かっている時は、初句は「ヒヨドリは」(もしくは「ひよどりは」)とした方がよいと思います。
なお調べてみましたら、ヒヨドリには「白頭鳥」が当て字として載っていました。しかしそれは当て字なので「はくとうどり」とは読みません。ムクドリの「白頭翁」は異名なので「はくとうおう」と読むことが可能。
どうでもいいことのように思われますが、こうした語彙や言葉の読み・使い方は、やはり正確さが基本になります。
ところで、今日のヒヨドリさんの8連作フォト、よくまあ
観察してお撮りになったものだと、感心します。見馴れたヒヨドリですが、益々可愛くて、愛着を感じますね。
で、敬子さんのカメラワークはわずかな時間だったのでしょうが、私はヒヨへのその気持が嬉しくて、ちょっと俳句で遊んでみました。頭韻を踏んだところがミソですよ。
敬子さん、<「ひねもす」なんて失礼な!>と怒らないで下さいね。

ヒヨドリとひねもす遊ぶ日永かな
Commented by bernardbuffet at 2010-02-23 23:07
ヒヨドリの実況中継、楽しませていただきました(笑)
日常の中のほっとする一こまで、良いですね。こういうゆとりを持ちたいものです。昨日のハートも日々の生活の中で見つけた小さな喜び。この積み重ねですね、人生は。
Commented by pretty-bacchus at 2010-02-24 12:33
郁子さん、おはようございます。句をいただきありがとうございました。
いつかはひねもすヒヨドリやきれいな鳥たちをあそんでいたいと願望していますが、このときはほんの数分だったのです。

Commented by pretty-bacchus at 2010-02-24 12:36
bernardbuffetさん、いつもありがとうございます。
このヒヨドリ中継は、ほんの2〜3分だったのです。
この日はハートにも恵まれて幸せな気持ちになりました、、、
<日々の生活の中で見つけた小さな喜び。この積み重ねですね、人生は> ほんとにそうですね、、、いつも小さな歓びをみつける気持ちが大切なのですね、、、

名前
URL
削除用パスワード


<< 春宵や新しき道手をつなぎ      ハート揺れ天使の笛に春光り >>